台風20号21号【最新】2019米軍・ヨーロッパ進路予想!東海・近畿・関東への影響は?

10月の週末またしても台風が発生しました。しかも今回は20号21号と二つの台風です。いまだ台風19号の被害も残る中とても心配です。今回は台風20号21号【最新】米軍・ヨーロッパ進路予想!東海・近畿・関東への影響について最新の情報をまとめました。

台風20号について

台風20号は種子島の南東海上を速度をあげながら北東に進んでいます。21日(月)午後9時までには温帯低気圧に変わる予想です。しかし、三重、和歌山、奈良、関西東海でも1時間に50mm以上の非常に激しい雨が降る予想です。21日の夜から22日の夜まで警戒が必要でしょう。

東京、神奈川などの関東、茨城、山梨県は22日の朝をピークに1時間に30mm以上群馬、栃木、長野、福島県でも22日の昼頃までに1時間に10mm以上の強い雨が降る予想です。

バケツをひっくりかえしたような滝のような雨が降る予想です。

厳重に注意しましょう。

ちなみに今回の台風20号は「ノグリー」と言う名前で意味は「たぬき」です。

台風21号の米軍予想!

出典:米軍合同台風警報センター(JTWC)

時差があるので9時間を足してください。

台風21号(ブアローイ)は21日現在マリアナ諸島を北西に進んでいます。24日(木)の夜から25日(金)にかけて日本に最接近。台風の中心は本州からそれる予想ですが東日本は強風域に入ります。台風が予報円の西側進むと25日(金)頃に関東や東北などで雨や風が強まる可能性があります。

台風21号ヨーロッパ予想!

25日(金)の予想進路です。

出典:欧州中期予報センター(ECMWF)

26日(土)の予想進路です。

ヨーロッパの中期予報センターの進路では25日(金)~26日(土)に最接近する予報で、台風の目や暴風域からは多少離れてはいますが関東や東北では風が強まる予想ができます。

ちなみに台風21号の名前は「ブアローイ」でタイのお菓子、白玉団子のスープという意味だそうです。

なんだか可愛らしいですけどね。

まとめ

台風20号21号の米軍・ヨーロッパ予想進路についてまとめさせていただきました。

今回は台風直撃はまぬがれそうですが今夜から明日にかけての大雨による土砂崩れなど台風19号の二次被害が大いに考えられます。今できる対策をしていきましょう。

明日の22日の天皇即位のパレードは延期になり、あいにく祝日でもあるのでなるべく外出は控えるといいでしょう。

それでもお仕事がある方などは気を付けて行ってください。

また、台風情報については最新の情報に注意しましょう。

こちらの記事でも随時情報更新していきたいと思います。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

男の子2人の子育てを楽しんでいる主婦です。時には食べ歩きしたりお菓子作りをしたり週末はキャンプに行ったり楽しい情報を発信していきたいと思います。