台風18号ミートク2019の米軍ヨーロッパ予想進路は?沖縄や九州・福岡への影響は?

9月も終わろうとしていますがまたまた台風が発生しました。今回は台風18号(ミートク)2019も米軍ヨーロッパ進路!沖縄、九州・福岡への影響など調べてみました。

台風18号ミートクの米軍ヨーロッパ予想進路は?

30日午前沖縄県八重山地域に暴風警報が発令し石垣市と与那国、竹富両町は避難準備情報を出しました。

台風18号は暴風域を伴い強い勢力で今夜30日八重山地方にかなり接近する予想です。このあと、猛烈な風が吹き樹木が倒れたり走行中のトラックが倒れたりする風が吹く可能性があります。

停電が発生する可能性もあるので懐中電灯の準備やスマホの充電など忘れずにしておきましょう。

現在の八重山地方のライブカメラ映像です⇩

八重山ライブカメラ

かなり強い風が吹いていますね!警戒してください!

沖縄本島でも30日の夜くらいから風が強まりそうです。

九州・福岡への影響は?

沖縄に接近したあと3日(木)に朝鮮半島にすすみ4日(金)には温帯低気圧に変わる予想で九州から近畿では2日(水)から3日(木)にかけて大雨になる恐れもあります。

4日(金)頃には東海や関東、北陸でも雨や風が強くなる予想です。

電車・高速道路・飛行機は?

沖縄などでは30日夜頃から飛行機が欠航になるなどの情報も入っていますので最新の情報をご確認ください。

まとめ

台風18号ミートクは当初の予定より西よりに進路に変えています。

沖縄を通過した後は温帯低気圧に変わる予定です。

当初よりは空の交通、電車の影響は少ないかもしれませんが雨風には警戒してください。

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

男の子2人の子育てを楽しんでいる主婦です。時には食べ歩きしたりお菓子作りをしたり週末はキャンプに行ったり楽しい情報を発信していきたいと思います。